A2C 水景絵画

㈱しみづ農園アクア事業部A2Cが提供する 大自然をモチーフにしたアクアリウム、『水景絵画』の紹介です。

カテゴリ: 水景絵画とは

オトナ博ではボトルアクアリウムのワークショップを開かせていただきました。これは瓶の中に小さな水槽を作るワークショップです。水景絵画の世界は基本が『循環型』となっています。これは水槽の中で成分が循環することで成り立つようになっている仕組みです。それを小さな ...

水景絵画は見て楽しむ世界です。美しい水草レイアウト水槽は絵画の様に美しく、その中に生きる物から生命力を感じられます。これは絵画やテレビなどでは感じられない尊い世界です。それは、そこに実寸の自然の世界、小さな地球が存在しているからなのです。ここでは主に写真 ...

綺麗なレイアウト水槽を飾っているとよく聞かれることがあります。それは「汚れるから掃除しないといけないんでしょう?」という事。確かに生き物を飼っている以上、汚れないという事はありません。魚はエサを食べたら糞をしますから。魚の種類によってはすぐに水が臭くなっ ...

水景絵画では生態系を再現するために色々な工夫をしています。前回は土を使って水草を育てるという事を書きました。今回は水草が育つためにすることに付いて書いていこうと思います。小学校の理科で習う植物の習性に『光合成』という物があります。光合成は二酸化炭素と光を ...

水景絵画の世界は水槽の中に世界を描くわけですが、水槽の中は地球そのものです。これはどういうことかというと、自然の仕組みをそのまま利用しているからです。一般的には水槽に砂利を敷いて、濾過槽をセットして、酸素のブクブクを入れて、金魚やメダカを入れるという感覚 ...

↑このページのトップヘ